カルカッタコンクエストBFS  夢屋 花梨ハンドルノブ

タックル紹介
今年度から渓流でもベイトタックルを導入していますが、ベイトタックとスピニングタックルを併用していこうと思い、自分へのクリスマスプレゼントとしてカルカッタコンクエストBFSを購入致しました。
 
使用レビューはまた来年に持ち越しですが、開封してみての感想と簡単なドレスアップを行いましたので、その様子を書かせてもらおうと思います。
 
目次
  1. 開封して感じたこと
  2. 夢屋 花梨ハンドルノブ
    
 

開封して感じたこと

・フォルム
 

開封してまず感じることは、間違いなくかっこいいそのフォルムです。丸型好きにはたまらないフォルムといった感じですよね!ガンメタの削りだしの感じも工芸品のような美しさがあります。

・重量と巻き心地

今年度使用してきたSLX BFSと比べるとやはり重さを感じますが、巻きの滑らかさやスプールの回転性能はから回しだけでもわかる程違いがあります。ボディー剛性の高さとベアリング数の違いからか、圧倒的に滑らかで軽やかな巻き心地です。ミノー等の巻き抵抗がある状態であればさらに顕著になるのかと思います。

・パーミング

パーミングは、人によると思いますが、個人的には釣りに支障がでるような嫌な感じはなく、握り込みやすいように思いました。BFSリールなので、コンパクトですし手の小さい私でも使いやすい設計になっていました。

・ブレーキシステム

ブレーキシステムは、SLX  BFS と同じ機構になっています。しかし、スプール性能やスプールがベアリングに支えられているなどの点から、キャスト感やブレーキ感も大きく異なるはずです。現場でキャストしていませんので、また来年の釣行後に記事にできたらと思います。

夢屋 花梨ハンドルノブ
       
 
 
チューニングとして、ハンドルノブを交換しました。特に性能が向上するわけではないですが、見た目を渓流っぽくするために交換することにしました。
 
今回使用したハンドルノブは、夢屋から出ている花梨ノブを使用しました。最近ネットでもほとんど売っているのを見かけないので、希少になりつつあるのかと思います。私は、昔ステラに着けていたものを保管していましたので、それを今回は2つ使用することにしました。
 
 
個人的にはトラウトでは、花梨ノブを使用するようにしています。重量が大きくなり性能ダウンすることもあるのですが、やっぱり見た目が大事!雰囲気が大切ですよね!
今回も想定どおり雰囲気が渓流っぽくなり大満足です。
 
 
 
  • 最後に
このリールを購入して、さらに来年の解禁が待ち遠しくなりました。また、釣行の様子とともに使用感もお伝えできればと思っています。さてさて、ロッドをどうしようか楽しい悩みにもう少し浸っておきます!
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました